自分で抜く、ムダ毛処理辞典

ひざ下が気になる

自分の体の中で、表面に出る頻度が高くて、どうしても脱毛だけはやっておきたいという、各自の部分があるものです。一番費用も掛からず、安上がりで簡単な方法と言えば、やはり自分で毛抜きなを使用して、その部分の毛を抜いてしまうことです。今までは、知らないままに気軽にやっていた行動が、実は後で、問題を起こす原因を作っていることに、気が付かないのです。抜くという行為は、一見自然なように見えて、本当は良くない場合があり、抜いた後の肌が傷つき、表面にかさぶたができることで、毛穴の表面をふさいでしまい、成長した毛が出て来れなくなり、埋もれ毛の原因になりやすくなります。

 

自分で抜く?ひざ下の脱毛

 

ひざ下の毛は、ストッキングにも透けてしまい、非常に気になるものです。だからといって、自分で抜くのはあまりオススメしません。自分で毛抜きなどで処理すると、最初の時はきれいに見えますが、炎症が起こりやすくなるほか、埋没毛などの原因となってしまいます。その上、何度抜いても毛根にダメージがないので、ずっと生え続けてきりがありません。脱毛は、エステサロンや美容外科での光脱毛をオススメします。何度か施術を受ければ、毛根が毛を作れなくなるため、手入れをしなくてもほとんど気にならない程度まで減毛することができます。

 

脚全体の無駄毛処理

 

みなさんは脚全体の無駄毛処理はどうされていますか?
カミソリなどで剃る方もいれば、脱毛処理をされている方もいらっしゃいます。
さてこの脱毛ですが、手軽に済まそうと思えば、自分で抜いてしまう方法があります。
まず、お肌は清潔にするためにお風呂に入りましょう。
お肌の表面がやわらかくなりますので、毛を抜くのが見やすくなります。
もし入浴が難しければ、暖かくしたタオルを使用しても大丈夫です。
そして、毛の生えている方向に逆らわずまっすぐ抜いてください。
すべて抜き終わった後はケアをしっかりしましょう。
冷たいタオルで脱毛した肌に当て、毛穴を引き締めてあげてください。
あとはお肌を清潔に保ってください。
熱い湯での入浴や汗をかくことも避け、刺激を与えないようにしましょう。

 

自分で抜くのは難しい脚全体脱毛

 

毛の処理の悩みは多くの人が抱えているでしょう。脱色や剃毛、脱毛など様々な方法があります。自宅で自分で処理を行う場合、眉毛や脇などの狭い範囲であれば可能ですが、背中や脚全体、全身など自分の手が届かない範囲となるとなかなか難しく、これを自分で抜くとなるとさらに困難となるでしょう。そのような場合は大抵、脱毛処理を行ってくれる病院やエステ等に赴き施術を受けたり、専用の器具を購入して使用します。脱毛処理を行いたい部位によって、自分で行うのか、または器具を利用するのか、施術を受けるのかを選択している人が多いといえます。